他との違いをぜひ直接ご覧ください

2014-06-30

両親犬の体重やサイズが小さいというだけで、子犬が小さく収まるという考えは全くナンセンスで賛成できません。トイプードル・ティーカッププードルのブリーディングは奥深くそんな単純ではありません。両親犬が小さいから『ティーカッププードル』になると言われ、成犬時に驚くほど大きくなってしまった…という事例をよく耳にします。ご注意ください。   成犬時の体重が本当に小さく小ぶりなサイズに収まるか…というお問い合わせを多数いただきます。ティーカッププードルの成犬時サイズ保証をしているのは当犬舎だけです。

当犬舎のサイズ予想は、血統的な背景に基づいた計画的なブリーディングにより自信を持って予想しております。ティーカッププードル等の小ぶりな子犬を希望されている方がお知りになりたいのは、生後1ヶ月2ヶ月のサイズではなく、成犬時のサイズであることを重要視しております。

ご注意!当犬舎のサイズ予想は、他のペットショップ様のワンちゃんに当てはまるものではありません。お間違えの無いようお願いいたします。       生後50日前後で500gにも満たない子犬がティーカップサイズになると思われている方、成長不全や離乳食に失敗した不健康な子犬をティーカッププードルと勘違いされていませんか?この頃の子犬はおっぱいをいっぱい飲んで、小さくてもプクプクしてずしりと重いの理想です。ご参考になさってください。 他ではなかなかお目にかかれない当犬舎の提供する(成犬時プチプーサイズ・ティーカップサイズ)の子犬は、この頃胴が短く、短足でコンパクトですが、上から見たらボールのように丸々・プクプクしています。 他との違いをぜひ直接ご覧ください


←「」前の記事 

 次の記事「」→


お問い合わせはこちらから